Development of a calculation code system for evaluation of deuteron nuclear data
重陽子核データ評価用計算コードシステムの開発
中山 梓介*; 荒木 祥平*; 渡辺 幸信*; 岩本 修; Ye, T.*; 緒方 一介*
Nakayama, Shinsuke*; Araki, Shohei*; Watanabe, Yukinobu*; Iwamoto, Osamu; Ye, T.*; Ogata, Kazuyuki*
中性子核データ評価用計算コードシステムを拡張し、ゼロレンジDWBAを用いて残留原子核の束縛状態へのストリッピング反応を適切に計算できるようにした。このコードシステムを$$^{27}$$Alに対し入射エネルギー100MeVまでの陽子誘起反応に適用した。DWBA解析の結果、得られた分光学的因子がエネルギー依存性を持つことが分かった。また、本コードを用いた計算は25.5, 56, 100MeVの(d,xp)反応二重微分断面積の測定データ及びしきいエネルギーから20MeVまでの入射エネルギーでの$$^{28}$$Al生成断面積を再現した。
A calculation code system for evaluation of deuteron nuclear data is extended so that the stripping reaction to bound states in the residual nucleus can be taken into account properly using a conventional zero-range DWBA approach. The code system is applied to deuteron induced-reactions on $$^{27}$$Al for incident energies up to 100 MeV. It is found that the spectroscopic factors derived from the present DWBA analysis have incident energy dependence. The calculation using the extended code system reproduced experimental double-differential (d,xp) cross sections at 25.5, 56, and 100 MeV, and production cross sections of $$^{28}$$Al in the incident energy range from the threshold to 20 MeV.
使用言語 : English
掲載資料名 : Energy Procedia
: 71
:
ページ数 : p.219 - 227
発行年月 : 2015/05
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : 4th International Symposium on Innovative Nuclear Energy Systems (INES-4)
開催年月 : 2013/11
開催都市 : Tokyo
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20132398
抄録集掲載番号 : 43001162
論文投稿番号 : 16257
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This