サイト解放検認のための測定点数の算出方法と判断手順の検討
Study on calculation method of the number of measurement points and procedure of decision-making for site release verification
石神 努; 島田 太郎
Ishigami, Tsutomu; Shimada, Taro
原子力施設の運転終了以降の安全規制制度のうち、廃止措置の最終段階である「廃止措置終了確認」において、敷地を対象とするサイト解放検認の方法、およびその具体的手順は検討すべき重要な技術的課題である。サイト解放の最終的判断が、数十の測定地点の土壌中放射能濃度の評価結果に基づきなされることを想定して、サイト解放判断のための測定点数の算出方法および判断の具体的手順を検討した。測定点数の算出方法では、平均放射能濃度の推定結果に含まれる不確かさに起因する判断結果過誤の確率、解放に至る判断のシナリオとその発生確率、各シナリオに対する検認費用を考慮して、公衆の安全を確保した上で費用期待値を最小とする測定点数の計算式を導出した。また、判断のシナリオに基づきサイト解放判断を行う具体的手順をまとめた。そこでは、放射能濃度が基準に適合しない場合、平均放射能濃度推定結果の不確かさを減少させるために測定点数を増やす、あるいは、放射能濃度を低下させるために除染し再測定するという二つの選択肢の中から、合理的な方を選択する方法も含まれている。
In the field of safety regulation system for nuclear facilities after the permanent shutdown of their operations, a verification method of site release in confirmation of decommissioning completion which is a final stage of decommissioning and its specific procedure are important technical issues. On the assumption that decision-making on site release would be made based on measurement results of radioactive concentrations of soils at tens of points, we studied a calculation method of the number of measurement points and a procedure of decision-making for site release. We derived an equation to calculate the number of measurement points that gives the minimum expected cost of site release verification in ensuring safety of the public, taking into account probabilities of decision errors, scenarios of decision-making to site release, and cost of verification. We also developed a specific procedure of decision-making for site release based on the way of scenarios of decision-making.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2013-048
ページ数 : 40 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20130048
抄録集掲載番号 : 42000396
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This