Research program for the evaluation of fission product and actinide release behaviour, focusing on their chemical forms
核分裂生成物及びアクチニドの化学形に着目した放出挙動評価のための研究計画
三輪 周平; 山下 真一郎; 石見 明洋; 逢坂 正彦; 天谷 政樹; 田中 康介; 永瀬 文久
Miwa, Shuhei; Yamashita, Shinichiro; Ishimi, Akihiro; Osaka, Masahiko; Amaya, Masaki; Tanaka, Kosuke; Nagase, Fumihisa
福島第一原子力発電所でのシビアアクシデントを経験した照射済み燃料材料の安全な取扱い技術の構築に向けて、原子力機構大洗研究開発センターの照射後試験施設を利用した幾つかの基礎研究を進めてきている。本論文では、基礎研究のうち、特に原子力機構大洗研究開発センターの照射後試験施設を利用することで効果的に研究を進めている3つの研究プログラムについて、全体概要の他、先行的に得られている試験結果や今後予定している計画を紹介する。
A basic study towards enhanced safety management of irradiated fuels and materials from a severe accident is underway utilizing JAEA's hot laboratory complex in Oarai. The present study that consists of three basic research programs is aimed at contributing to building enhanced safety management measures (including radioactive decontamination, evaluation measurements, safekeeping, treatment and disposal) of irradiated fuels and materials from the severe accident. In this paper, not only the overview of activities of individual research programs but also the several preliminary results were shown together with future plans.
使用言語 : English
掲載資料名 : Energy Procedia
: 71
:
ページ数 : p.168 - 181
発行年月 : 2015/05
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : 4th International Symposium on Innovative Nuclear Energy Systems (INES-4)
開催年月 : 2013/11
開催都市 : Tokyo
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 原子炉事故時に放出される放射性物質の性状を予測する; 核分裂生成物の化学挙動に与えるBWR制御材ホウ素の影響評価[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20132241
抄録集掲載番号 : 44000184
論文投稿番号 : 16873
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This