平成24年度研究開発・評価報告書; 評価課題「安全研究とその成果の活用による原子力安全規制行政に対する技術的支援」(中間評価)
Assessment report of research and development on "Nuclear Safety Research" (Interim report)
工藤 保; 鬼沢 邦雄; 中村 武彦
Kudo, Tamotsu; Onizawa, Kunio; Nakamura, Takehiko
日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成20年10月31日内閣総理大臣決定)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成21年2月17日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規程」(平成17年10月1日制定、平成21年8月19日改訂)等に基づき、平成24年12月11日に「安全研究」に関する中間評価を安全研究・評価委員会に諮問した。これを受けて、安全研究・評価委員会は、本委員会によって定められた評価方法に従い、原子力機構から提出された平成22年4月から平成24年9月までの安全研究センターの運営及び安全研究の実施に関する説明を受け、今期中期計画期間の研究開発の実施状況について、研究開発の必要性、有効性、効率性等の観点から評価を行った。本報告書は、安全研究・評価委員会から提出された中間評価結果(答申書)をまとめるとともに、本委員会での発表資料、及び評価結果に対する原子力機構の措置を添付したものである。
JAEA consulted an assessment committee, "Evaluation Committee of Research and Development (R&D) Activities for Nuclear Safety", for interim assessment of R&D on nuclear safety research in accordance with "General Guideline for Evaluation of Government R&D Activities" by Cabinet Office, Government of Japan, "Guideline for Evaluation of R&D in MEXT" and so on. In response to JAEA's request, the Committee assessed mainly the progress of the R&D project according to guidelines, which addressed the rationale behind the R&D project, the relevance of the project outcome and the efficiency of the project implementation during the period of the current midterm plan. As a result, the Committee concluded that the progress of the R&D project is satisfactory. This report describes the results of evaluation by the Committee. In addition, the appendix of this report contains presentations used for the evaluation, and responses from JAEA on the comments from the member of the Committee.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Evaluation 2013-003
ページ数 : 253 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : EV20130003
抄録集掲載番号 : 42000262
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This