東京電力福島第一原子力発電所における燃料デブリ特性把握・処置技術開発; 平成24年度研究開発成果報告書
Fuel debris characterization and treatment technologies development for TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Station; 2012 annual research and development report
核サ研福島技術開発特別チーム 燃料デブリ取扱技術開発グループ; 原科研福島技術開発特別チーム 燃料デブリ評価技術開発グループ
Fuel Debris Conditioning Technology Development Group, Fukushima Project Team; Fuel Debris Analysis Technology Development Group,Fukushima Project Team
平成23年3月11日の東北太平洋沖地震に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故以降、政府,東京電力及び関係機関による収束に向けた取り組みが継続されている。平成23年12月16日には「政府・東京電力中長期対策会議」(平成25年2月8日「東京電力福島第一原子力発電所廃炉対策推進会議」に移行)が設置され、19の研究開発プロジェクトが発足し、各プロジェクトを運営するワーキングチーム/サブ・ワーキングチーム等が設置された。日本原子力研究開発機構核サ研福島技術開発特別チーム及び原科研福島技術開発特別チームは各拠点等と連携を図り、燃料デブリ取出し準備ワーキングチームの傘下にある「模擬デブリを用いた特性の把握」「実デブリの性状分析」「デブリ処置技術の開発」の3つのプロジェクトに参加している。平成24年度は「模擬デブリを用いた特性の把握」及び「デブリ処置技術の開発」の2つのプロジェクトについて研究開発を実施し、燃料デブリの取出しに必要なデブリ特性情報及びデブリ処置技術に関する検討成果を得た。本報告書は、平成24年度における上記の2つのプロジェクトに関する研究開発成果をまとめたものである。
Since March 11, 2011, severe accidents occurred at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, the government of Japan and Tokyo Electric Power Company (TEPCO) and all Japan's companies have been worked on the remediation. The first meeting of "Government and TEPCO's Mid-to-Long Term Countermeasure Meeting" was held on December 16, 2011, and 19 research and development projects and Working team / Sub working team were launched. Japan Atomic Energy Agency; Fukushima Project Teams in Nuclear Fuel Cycle Laboratories and Nuclear Science Research Institute are belonging to the projects of "Fuel debris characterization", "Analysis of fuel debris" and "Treatment technology development of fuel debris". In the 2012 JFY, we carried out research and development on the "Fuel debris characterization" and "Treatment technology development of fuel debris", and obtained some results on the debris properties and debris treatment technologies.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2013-066
ページ数 : 153 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 燃料デブリを取り出したあとどうすべきか; 取出し後の燃料デブリの処置シナリオの検討[/]
受委託・共同研究相手機関 : 電力中央研究所
 
登録番号 : RV20130066
抄録集掲載番号 : 42000432
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This