On performance experience and measurements with Ningyo Waste Assay System (NWAS), 3
NWASの導入と測定経験について,3
在間 直樹; 中島 伸一; 中塚 嘉明; 藤木 直樹*; 門 一実
Zaima, Naoki; Nakashima, Shinichi; Nakatsuka, Yoshiaki; Fujiki, Naoki*; Kado, Kazumi
200リットルドラム缶収納の廃棄物中全ウランを定量する非破壊分析(NDA)装置NWASを開発、実ウラン廃棄物の測定に適用して実績をあげた。廃棄物中ウランアルファ線と共存するフッ素等とのU-234($$alpha$$,n)反応で生じる中性子とU-238自発核分裂中性子を、ポリエチレン減速材により熱中性子化し、16本のHe-3比例計数管を用い測定する。また、Ge半導体検出器によりウラン濃縮度を測定する。前報ではその成果の一端を紹介したが、その後ウラン廃棄物の測定作業が順調に進行し、約850体の測定実績を記録した。多種多様なマトリックス、ウラン線源物質、広範囲のウラン質量を含有する廃棄物測定実績を積み適用範囲を拡大させてきた。その反面、測定技術・解析手法における種々の問題点も明らかになった。それらの経験を詳細に報告するとともに、新たに得られた知見を整理した。さらにパッシブ測定方式をアクティブ測定方式へと転換する高度化計画を推進し、既に装置構築を完了した。これまでの経験の意義と課題を集約し次のステップへの糧とする。
A uranium mass assay system NWAS, for 200-litter wastes drums applied by NDA method was developed and accumulated the data of the actual uranium bearing wastes drums. The system consists of the 16 pieces of Helium-3 proportional counters for neutron detection generated from U-234($$alpha$$,n) reaction or U-238 spontaneous fissions with polyethylene moderation and a Germanium solid state detector for $$gamma$$ ray detection as to determine uranium enrichment. The satisfactory works had been continued and the uranium determination data of 850 drums had been accumulated approximately. On the other hand several considerable problems on the system or methodology had been revealed technically or analytically through the measurements experiences. Furthermore as the next improvement plans, the active neutrons assay for uranium bearing wastes drums are now progressing. The results of complications will lead us to the progressive next steps.
使用言語 : English
報告書番号 : JAEA-Technology 2013-050
ページ数 : 39 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : Los Alamos National Laboratory
 
登録番号 : TN20130050
抄録集掲載番号 : 42000404
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This