炉内構造物の放射化核種の主要な生成経路(共同研究)
Main generation pathways of activation products for in-core structure materials (Joint research)
山本 健土; 奥村 啓介; 小嶋 健介; 岡本 力
Yamamoto, Kento; Okumura, Keisuke; Kojima, Kensuke; Okamoto, Tsutomu
放射化生成物の生成量の予測精度を向上させるためには、その生成起源となる初期組成元素及び生成経路上の核反応を正確に把握しておくことが重要である。本検討では、ORIGEN2コード及びJENDL-4.0に基づく断面積ライブラリセットORLIBJ40を使用し、炉内構造物の材料であるジルカロイ, SUS304, インコネル718を対象として、初期組成元素の感度解析及び断面積の感度解析を行うことにより、放射化生成物の生成量に影響を与える初期組成元素及び核反応を定量的に明らかにした。感度解析の結果を用いて、炉内構造物の放射化評価において重要な核種について、主要な生成経路をまとめた。
Accurate information on main generation pathways of activation products is important to improve the accuracy of predicting the concentrations of activation products. Using ORIGEN2 and ORLIBJ40, which is a set of the cross section libraries based on JENDL-4.0, the initial compositions and the cross sections which influence on the concentrations of activation products were clarified by executing the sensitivity analyses on them. Activations of cladding tubes, end-plugs and spacers of fuel assemblies and channel boxes, which were composed of Zircaloy, SUS304, and Inconel-718, were analyzed. The main generation pathways of some significant activation products were summarized from the results of sensitivity analyses.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2013-038
ページ数 : 88 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 日本原子力発電
 
登録番号 : RS20130038
抄録集掲載番号 : 42000391
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This