溶解度法による熱力学データ整備(翻訳資料)
Thermodynamic data development using the solubility method (Translated document)
土井 玲祐; 岩田 孟; 北村 暁
Doi, Reisuke; Iwata, Hajime; Kitamura, Akira
溶解度法は熱力学データを信頼性高く求めるのに最も有力な方法の一つである。熱力学データの具体的な内容は、(1)個々の固相や複塩の溶解度積および(2)種々の配位子の錯形成定数であり、このような熱力学データは、(3)広範なpH域にわたる溶解度の評価、(4)極めて難溶性な固相(例えば、4価のアクチニド)を生成する金属イオンの溶解度の評価、(5)様々な廃棄物中での溶解度制限固相の決定、(6)酸化還元に鋭敏な系における高温環境の評価に用いられる。本書は、溶解度法によってこのような熱力学データを取得する際の様々な特徴を記述することに焦点をあてたものである。本書は、研究テーマの選定、重要な変数を定義するためのモデル化、変数や実験パラメータの範囲の選定、結果の予測、一般的な設備の要件、実験の実施および実験データの解釈、といった溶解度研究の実施における様々な特徴を記述している。
The solubility method is one of the most powerful tools to obtain reliable thermodynamic data for (1) solubility products of discrete solids and double salts, (2) complexation constants for various ligands, (3) development of data in a wide range of pH values, (4) evaluation of data for metals that form very insoluble solids (e.g. tetravalent actinides), (5) determining solubility-controlling solids in different types of wastes and (6) elevated temperatures for redox sensitive systems. This document is focused on describing various aspects of obtaining thermodynamic data using the solubility method. This manuscript deals with various aspects of conducting solubility studies, including selecting the study topic, modeling to define important variables, selecting the range of variables and experimental parameters, anticipating results, general equipment requirements, conducting experiments, and interpreting experimental data.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-014
ページ数 : 27 Pages
発行年月 : 2014/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : ライ環境化学
 
登録番号 : RV20140014
抄録集掲載番号 : 42000602
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This