高速実験炉「常陽」における原子炉容器内保守・補修技術開発; 「常陽」炉心上部機構の交換に向けた技術開発,2
Inspection and repair techniques in the reactor vessel of the experimental fast reactor Joyo; Development of repair techniques for UCS replacement of Joyo, 2
伊藤 裕道; 高松 操; 川原 啓孝; 長井 秋則
Ito, Hiromichi; Takamatsu, Misao; Kawahara, Hirotaka; Nagai, Akinori
回転プラグの案内スリーブ内に挿入された炉心上部機構の交換にあたっては、炉心上部機構と案内スリーブのギャップが最小5mmと小さいため、炉心上部機構引抜時の水平度管理が十分でない場合、炉心上部機構と案内スリーブが干渉し、旧炉心上部機構の変形等が生じるリスクがある。当該リスクに対応するため、(1)高精度な位置・姿勢制御機能を有するジャッキアップ治具、(2)干渉発生時に、当該方位を同定し回避する手法について検討した。(1)では、3本のネジジャッキを有するジャッキアップ治具を開発した。3点支持構造としているため、厳密な水平度管理(約0.039$$^{circ}$$以下)が実現できる。また、(2)では、各ネジジャッキにロードセルを設置し、炉心上部機構が案内スリーブと干渉した場合に生じる荷重変動を検出することにより、旧炉心上部機構の変形等を防止するとともに、その偏荷重から、干渉位置を同定する手法を開発した。これらの機能については、実機大の模擬体を用いた炉外確認試験により、実機作業に適用可能なことを確認した。
Because the gap between the UCS and rotation plug's guide sleeve is 5 mm in minimum, there is a risk of deformation of the UCS and guide sleeve with interference between UCS and guide sleeve in the UCS replacement work. In order to reduce the risk, R&D for below subjects is required.(1) UCS jack-up equipment with strict control of inclination, (2) Detection and escape method for interference between UCS and guide sleeve. In order to solve above (1), the jack-up equipment with applying three-point suspension is developed. Then, in the aspect of above (2), load-measuring devices are installed on three jacks of jack-up equipment. By means of detection eccentric load with interference, deformation of UCS and guide sleeve are prevented. And also, the location of interference can be investigated based on eccentric loads of three jacks. The performance is verified in the ex-vessel mock-up test using full-scale dummy of UCS.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-024
ページ数 : 28 Pages
発行年月 : 2014/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 「常陽」における高速炉の炉容器内補修技術の実証; 大型構造物の交換と変形した実験装置の回収[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20140024
抄録集掲載番号 : 42000959
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This