最先端研究基盤JMTR及び関連施設を活用した研修; 2013年度
2013 training using JMTR and related facilities as advanced research infrastructures
竹本 紀之; 木村 伸明; 花川 裕規; 柴田 晃; 松井 義典; 中村 仁一; 石塚 悦男; 中塚 亨; 伊藤 治彦
Takemoto, Noriyuki; Kimura, Nobuaki; Hanakawa, Hiroki; Shibata, Akira; Matsui, Yoshinori; Nakamura, Jinichi; Ishitsuka, Etsuo; Nakatsuka, Toru; Ito, Haruhiko
日本原子力研究開発機構では、将来の原子力人材を確保するための裾野拡大及びその育成を行う観点から、最先端研究基盤JMTR及び関連施設を用いた実践的な体験型研修を平成22年度から実施している。平成25年度は、海外若手研究者・技術者を対象とした「海外若手研究者・技術者のためのJMTRオンサイト研修」を7月8日から7月26日に実施し、国内の若手研究者・技術者を対象とした「最先端研究基盤JMTR及び関連施設を用いた研修講座」を7月29日から8月9日に実施した。研修にはそれぞれ18名の計36名が参加し、基礎講義や体験実習を通してJMTRの運転管理、安全管理、照射試験等の原子力基盤研究・技術について学んだ。本報告は、平成25年度に実施したこれらの研修の内容と結果についてまとめたものである。
Practical training courses using the JMTR and related facilities as an advanced research infrastructures have been carried out in Japan Atomic Energy Agency since FY2010 from a viewpoint of the nuclear human resource development and the securing. In FY2013, "Training course for foreign young researchers and engineers" was carried out from July 8th to July 26th, and "Training course using JMTR and related facilities as advanced research infrastructures" for domestic young researchers and engineers was carried out from July 29th to August 9th. 18 young researchers and engineers were joined in each training course, and 36 trainees in total studied about basic nuclear research and technology through the lecture and training about the reactor operation management, safety management, irradiation test, etc. in the JMTR. The results of these courses are reported in this paper.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2013-058
ページ数 : 42 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20130058
抄録集掲載番号 : 42000273
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This