Status of new JENDL photonuclear data file
JENDL光核反応データファイルの開発状況
小迫 和明*; 村田 徹*; 岩本 信之
Kosako, Kazuaki*; Murata, Toru*; Iwamoto, Nobuyuki
現在開発中のJENDL光核反応データファイルには吸収、粒子生成及び核種生成断面積並びに生成粒子のエネルギー・角度微分断面積が収納される予定である。これらの光核反応断面積データは核反応モデルコード(ALICE-F、CCONE)を利用して、巨大双極子共鳴に基づく光吸収断面積から計算された。入射光子エネルギーは粒子放出に対するしきいエネルギーから140MeVまでがカバーされており、本改訂では以下の3点に重点が置かれている。(1)リチウムからカルシウムまでの各同位体に対する核データを測定データを基に系統的に評価。(2)北海道大学で行われた鉄、銅及びタングステンに対する光中性子生成に関する測定データを利用して光核反応核データを評価し、核種生成データを検証。(3)幅広い応用分野での利用が可能となるように収納核種数を増加。この結果、本ファイルには181核種が収納される予定である。
The next version of JENDL Photonuclear data is now being developed by using the photon absorption cross sections based on giant dipole resonances and the nuclear reaction model codes, ALICE-F and CCONE. The incident photon energy covers the range from particle emission threshold to 140 MeV. The data include absorption, particle production yield and nuclide production cross sections, and energy-angle differential cross sections of emitted particles. In the present revision much emphasis is placed on the following topics: (1) Nuclear data of light nuclei from Li to Ca isotopes are systematically evaluated with experimental data. (2) Integral tests of photoneutron yields for Fe, Cu and W performed at Hokkaido University are used to evaluate and verify their nuclide production data. (3) The number of nuclei is increased to 181 in order to take into account the use in many application fields.
使用言語 : English
掲載資料名 : Nuclear Physics and $$gamma$$-ray sources for Nuclear Security and Nonproliferation
:
:
ページ数 : p.261 - 268
発行年月 : 2014/12
出版社名 : World Scientific
発表会議名 : Nuclear Physics and $$gamma$$-ray sources for Nuclear Security and Nonproliferation (NPNSNP)
開催年月 : 2014/01
開催都市 : Tokai
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20132560
抄録集掲載番号 : 44000110
論文投稿番号 : 16810
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This