JAEA-Tokai tandem annual report 2012; April 1, 2012 - March 31, 2013
原子力機構東海タンデム加速器2012年度年次報告
研究炉加速器管理部
Department of Research Reactor and Tandem Accelerator
原子力機構-東海タンデム加速器は、重イオンを用いた原子核科学や物質科学等様々な分野において原子力機構の職員をはじめ、大学や研究機関,民間企業の研究者に利用されている。本年次報告は、2012年4月1日から2013年3月31日までの期間に、当施設のタンデム加速器を用いて実施された研究活動の要約をまとめたものである。総数31件の要約を以下の7分野に分類した;(1)加速器の運転状況と開発、(2)原子核構造、(3)原子核反応、(4)核化学、(5)原子核理論、(6)原子物理及び固体物理、(7)材料の照射効果。また、発表論文と会議での口頭発表、タンデム加速器に関係する技術者と研究者,委員会,大学等との共同研究課題及び施設共用課題等の一覧を掲載した。
The JAEA-Tokai tandem accelerator complex has been used in various research fields such as nuclear science and material science by researchers not only of JAEA but also from universities, research institutes and industrial companies. This annual report covers developments of accelerators and research activities carried out using the tandem accelerator and superconducting booster from April 1, 2012 to March 31, 2013. Thirty-one summary reports were categorized into seven research/development fields:(1) accelerator operation and development, (2) nuclear structure, (3) nuclear reaction, (4) nuclear chemistry, (5) nuclear theory, (6) atomic physics and solid state physics, (7) radiation effects in materials. This report also lists publications, meetings, personnel, committee members, cooperative researches and common use programs.
使用言語 : English
報告書番号 : JAEA-Review 2013-057
ページ数 : 109 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20130057
抄録集掲載番号 : 42000571
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This