検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

MVPコード開発の現状

Development status of a Monte Carlo code MVP

長家 康展

Nagaya, Yasunobu

原子力機構では、モンテカルロコードMVP-GMVPを開発し、第2版を2005年に公開したが、それ以降も、炉心解析計算に対する様々な機能拡張を行ってきた。本発表では、近年行われた機能拡張を中心に、MVPコード開発の現状について報告する。MVPの開発の経緯、一般的な特徴、物理モデル、断面積データについて説明する。また、近年MVPに実装した新機能(摂動計算機能、多群定数生成機能、共鳴弾性散乱断面積モデルの改良、動特性パラメータ計算機能)についてレビューする。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.