平成24年度大規模施設の構造を計算科学手法により評価するための基盤技術に関する共同研究開発(共同研究)
Joint R&D of basic technology to evaluate structure of a large-scale system by the computing science in fiscal year 2012 (Joint research)
システム計算科学センター; 東京大学人工物工学研究センター*
Center for Computational Science & e-Systems; Research info Artifacts, Center for Engineering, The University of Tokyo*
本報告書では、平成24年度における東京大学・人工物工学研究センターと日本原子力研究開発機構・システム計算科学センターの共同研究について報告する。この共同研究での主な研究成果は、大規模な構造解析などを高速かつ効率的に行うためのミドルウェア開発および材料安全性評価のためのモデル構築である。また、共同研究の一環として、5回のセミナーを開催した。これらの活動概要について報告する。
This report provides an overview of the joint research of the Center for Computational Science & e-Systems (CCSE), JAEA and Research into Artifacts, Center for Engineering, the University of Tokyo in fiscal year 2012 (April 1, 2012 - March 31, 2013). The primary results of the research and development activities are the development of the middleware to perform the structural analysis fast and efficiently and the model construction to evaluate the safety of the materials. Five joint seminars were held as the activity. Overview of the activity is also included in this paper.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-001
ページ数 : 75 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 東京大学
 
登録番号 : RV20140001
抄録集掲載番号 : 42000433
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This