大洗研究開発センターの原子力施設を活用したインターンシップ
Internship using nuclear facilities in Oarai Research and Development Center
竹本 紀之; 板垣 亘; 木村 伸明; 石塚 悦男; 中塚 亨; 堀 直彦; 大岡 誠; 伊藤 治彦
Takemoto, Noriyuki; Itagaki, Wataru; Kimura, Nobuaki; Ishitsuka, Etsuo; Nakatsuka, Toru; Hori, Naohiko; Ooka, Makoto; Ito, Haruhiko
我が国において原子力エネルギーは経済性及びエネルギー保障の観点で重要である。しかし、東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、今後の原子力研究者及び技術者の不足が懸念されている。このような中、国立高等専門学校機構では、高等専門学校生を対象とし、原子力施設において実際の体験を含む原子力人材育成研修を行うことを計画した。日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターでは、この計画に協力し、原子力防災・安全を主要テーマにJMTRをはじめとした大洗研究開発センターの原子力施設を活用したインターンシップを実施し、平成23年度から平成25年度まで合計32名の高等専門学校生が参加した。本報告は、平成23年度から3年間に実施した本インターンシップの内容と結果についてまとめたものである。
Nuclear energy is important from a viewpoint of economy and energy security in Japan. However, the lack of nuclear engineers and scientists in future is concerned after the sever accident of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Station has occurred. Institute of National Colleges of Technology planned to carry out training programs for human resource development of nuclear energy field including on-site training in nuclear facilities. Oarai Research and Development Center in Japan Atomic Energy Agency cooperatively carried out an internship for nuclear disaster prevention and safety utilizing the nuclear facilities such as the JMTR. Thirty two students joined in total in the internship from FY 2011 to FY2013. In this paper, contents and results of the internship are reported.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2013-063
ページ数 : 34 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20130063
抄録集掲載番号 : 42000429
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This