宮崎平野における完新世堆積物の分析データ
Analytical data of Holocene sediments in the Miyazaki Plain, Southern Kyushu, Japan
生田 正文; 丹羽 正和; 高取 亮一*; 鎌滝 孝信*; 黒澤 英樹*
Ikuta, Masafumi; Niwa, Masakazu; Takatori, Ryoichi*; Kamataki, Takanobu*; Kurosawa, Hideki*
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)による津波災害を契機に、津波堆積物を用いた海溝型巨大地震に関する研究が注目を集めている。一方、日向灘に面する宮崎平野は、歴史時代に日向灘あるいは南海トラフを震源とする大規模な地震による津波に襲われたことが知られている。しかしながら堆積物として津波の痕跡を確認するなど、その証拠を科学的に明らかにした地質学的な研究例は未だな無い。本研究では、宮崎平野の完新世の堆積物を事例に、津波堆積物の認定手法の高度化のほか、数千年オーダでの局所的な隆起・沈降のプロセスの解明等に取り組んでおり、これまでに堆積物の記載、採取および各種分析等を進めてきた。本データ集は、これらの結果を取りまとめ、報告するものである。
The Miyazaki Plain, facing the Hyuga-nada, had been attacked repeatedly by historical tsunami events induced by the giant earthquakes centered in the Hyuga-nada or Nankai Trough. However, scientific studies concerning the tsunami events are still poor in this area. Disappearance of subsurface sediments due to fast uplift rates in the Miyazaki Plain is considered to make difficult to proceed such studies. This database shows the result of the study for Holocene sediments in the Miyazaki Plain in 2012, including chemical composition analysis of absorbed water, microfossil identification, description of tephra deposits and radiocarbon dating, as well as geological description of drilled cores. It is closely related to the study for the reactivation of coastal geological faults caused by the giant subduction zone earthquakes.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-002
ページ数 : 246 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140002
抄録集掲載番号 : 42000688
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This