JT-60本体装置及び本体付帯設備の解体
Disassembly of JT-60 tokamak device and ancillary facilities for JT-60 tokamak
岡野 文範; 市毛 尚志; 三代 康彦; 神永 敦嗣; 笹島 唯之; 西山 友和; 柳生 純一; 石毛 洋一; 鈴木 宏章; 小室 健一; 逆井 章; 池田 佳隆
Okano, Fuminori; Ichige, Hisashi; Miyo, Yasuhiko; Kaminaga, Atsushi; Sasajima, Tadayuki; Nishiyama, Tomokazu; Yagyu, Junichi; Ishige, Yoichi; Suzuki, Hiroaki; Komuro, Kenichi; Sakasai, Akira; Ikeda, Yoshitaka
臨界プラズマ試験装置(JT-60)のトカマク本体及び周辺設備の解体(総重量として約5,400トン)は、平成21年度から着手し平成24年度(平成24年10月)に完遂した。JT-60は、日欧共同で進めるサテライト・トカマク計画として、長パルス化と高圧力プラズマを目指した超伝導核融合実験装置JT-60SAに改修するため、JT-60トカマク本体及び周辺設備を解体・撤去する必要があった。JT-60解体は、核融合実験装置として放射線障害防止法に基づいて実施した唯一のものである。解体にあたり、トロイダル磁場コイル(TFコイル)の補強溶接部の切断と真空容器の2分割は、工程的,技術的に大きな課題であったが、それぞれの解決策を見出して作業を進め、平成24年10月に3年にわたる解体を無事故・無災害で完遂することができた。本報告書は、JT-60本体装置及び本体付帯設備の解体について詳細をまとめたものである。
The disassembly of JT-60 tokamak device and its peripheral equipments, where the total weight was about 5400 tons, started in 2009 and accomplished in October 2012. This disassembly was required process for JT-60SA project, which is the Satellite Tokamak project under Japan-EU international corroboration to modify the JT-60 to the superconducting tokamak. This work was the first experience of disassembling a large radioactive fusion device based on Radiation Hazard Prevention Act in Japan. The cutting was one of the main problems in this disassembly, such as to cut the wielded parts together with toroidal field coils, and to cut the vacuum vessel into two. After solving these problems, the disassembly completed without disaster and accident. This report presents the outline of the JT-60 disassembly, especially tokamak device and ancillary facilities for tokamak device.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-003
ページ数 : 125 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20140003
抄録集掲載番号 : 42000407
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This