A Safety evaluation of HTTR core graphite structures against the Great East Japan Earthquake
東北地方太平洋沖地震におけるHTTR炉内黒鉛構造物の安全評価
飯垣 和彦; 小野 正人; 島崎 洋祐; 栃尾 大輔; 清水 厚志; 猪井 宏幸; 高田 昌二; 沢 和弘
Iigaki, Kazuhiko; Ono, Masato; Shimazaki, Yosuke; Tochio, Daisuke; Shimizu, Atsushi; Inoi, Hiroyuki; Takada, Shoji; Sawa, Kazuhiro
2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震は、日本で最も大きい地震の中の一つであり、HTTRで観測された地震波の一部は、設計時の入力地震動を超えていた。このことから、地震後の原子炉施設の健全性を確認するため外観点検,耐震解析,性能確認テストを行った。耐震解析は、炉内の構造物について応答倍率法によりおこなった。評価の結果、炉内の黒鉛ブロックの地震時の発生応力は、許容値を満足しているとともに、外観点検及びコールドでの性能確認試験により、原子炉内の構造物の健全性を確認した。
On March 11th, 2011, the Great East Japan Earthquake which is one of the largest earthquakes in japan occurred and the maximum acceleration in observed seismic wave in the HTTR exceeded the design value in a part of input seismic motions. Therefore, a visual inspection, a seismic analysis and a performance confirmation test of facilities were carried out in order to confirm the integrity of facility after the earthquake. The seismic analysis was carried out for the reactor core structures by using the response magnification factor method. As the results of the evaluation, the generated stress in the graphite blocks in the reactor core at the earthquake were well below the allowable values of safety criteria, and thus the structural integrity of the reactor core was confirmed. The integrity of reactor core was also supported by the visual inspections of facilities and the operation without reactor power in cold conditions of HTTR.
使用言語 : English
掲載資料名 : Mechanical Engineering Journal (Internet)
: 1
: 4
ページ数 : p.TEP0021_1 - TEP0021_13
発行年月 : 2014/08
出版社名 : 日本機械学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20130768
抄録集掲載番号 : 42001109
論文投稿番号 : 14753
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This