Proceedings of the 8th Specialist Meeting on Recycling of Irradiated Beryllium; October 28, 2013, Bariloche, R$'i$o Negro, Argentina
「第8回照射済ベリリウムのリサイクルに関する専門家会議」講演資料集; 2013年10月28日、アルゼンチン,リオネグロ,バリローチェ
Cocco, R. G.*; Ishida, V.*; 土谷 邦彦; Dorn, C. K.*
Cocco, R. G.*; Ishida, V.*; Tsuchiya, Kunihiko; Dorn, C. K.*
本講演資料集は、2013年10月28日にアルゼンチンのバリローチェでINVAPとCNEA(アルゼンチン原子力委員会)が主催した「第8回照射済ベリリウムのリサイクルに関する専門家会議」に提出された発表資料をまとめたものである。本会議は、各国の試験研究炉で行われているベリリウム研究の現状と将来計画に関する情報交換を目的として行われた。米国,韓国,アルゼンチン及び日本から試験研究炉の分野におけるベリリウム研究の現状と将来計画に関する発表があり、照射されたベリリウムのスエリング,曲り,ガス放出などの新しいデータに基づいて評価結果を議論した。また、使用済ベリリウムのリサイクルの実証試験のための課題について議論した。
This report summarizes the documents presented in the 8th Specialist Meeting on Recycling of Irradiated Beryllium, which held on October 28, 2013, in Bariloche, R$'i$o Negro, Argentina, hosted by INVAP and CNEA (Comision Nacional de Energia Atomica). The objective of the meeting is to exchange the information of current status and future plan for beryllium study in the Research/Testing reactors. In this meeting, presentations on current status and future plan for beryllium study were carried out for the Research/Testing reactor fields from U.S.A., Korea, Argentina and Japan. Evaluation results of beryllium materials were discussed based on new data such as swelling, deformation, gas release and so on of irradiated beryllium. The subject of the used beryllium recycling was also discussed for the enforcement of demonstration recycling tests.
使用言語 : English
報告書番号 : JAEA-Review 2014-012
ページ数 : 122 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140012
抄録集掲載番号 : 42000441
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This