検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

粒子・重イオン輸送計算コードPHITS

Particle and heavy ion transport code system; PHITS

佐藤 達彦; 仁井田 浩二*; 松田 規宏; 橋本 慎太郎; 岩元 洋介; 古田 琢哉; 岩瀬 広*; 野田 秀作; 小川 達彦; 中島 宏; 深堀 智生; 奥村 啓介; 甲斐 哲也 

Sato, Tatsuhiko; Niita, Koji*; Matsuda, Norihiro; Hashimoto, Shintaro; Iwamoto, Yosuke; Furuta, Takuya; Iwase, Hiroshi*; Noda, Shusaku; Ogawa, Tatsuhiko; Nakashima, Hiroshi; Fukahori, Tokio; Okumura, Keisuke; Kai, Tetsuya

原子力機構が中心となり、RISTやKEKなど国内外複数の研究機関と協力して汎用モンテカルロ放射線挙動解析コードPHITSの開発を進めている。その最近の改良点として、2013年1月にリリースしたVersion2.52より、最新の核内カスケードモデルINCL4.6やINC-ELF、統計マルチフラグメンテーションモデルSMMなどが組み込まれ、高エネルギー核反応に対する再現精度が向上した。また、2013年11月にリリースしたVersion2.64より、$$gamma$$脱励起モデルEBITEMや140MeVまでの高エネルギー光核反応モデルが組み込まれ、核反応後に放出される即発$$gamma$$線スペクトルや、高エネルギー光核反応により放出される中性子スペクトルの計算が可能となった。これら最近の改良と普及活動の結果、PHITSのユーザー数は1年間で350名ほど増え、1,200名を超えるに至った。

General features of the Particle and Heavy Ion Transport Code System, PHITS, will be described at the meeting.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.