電磁法による地上物理探査; 総括報告書
Overall report of ground geophysical survey using electromagnetic method
長谷川 健; 山田 信人; 小出 馨
Hasegawa, Ken; Yamada, Nobuto; Koide, Kaoru
広域地下水流動研究の一環として、平成9年から平成11年にかけて岐阜県東濃地域においてMT法とCSMT法を組み合わせた地上電磁探査を実施した。その後、花崗岩深部の調査へのMT法の適用性を検討する試験が実施されたが、この試験において当該地域におけるMT法調査の問題点が抽出されていた。これを受けて、当時取得した地上電磁探査データの品質を改めて確認したところ、ほとんどすべての測定点のデータに、JR東海中央本線や中部電力の瑞浪変電所および送電線に起因していると考えられる人工ノイズの混入が認められ、地上電磁探査の解析結果には問題があることが判明した。このような結果を招いた最大の要因は、調査対象地域の電磁界ノイズの特徴を精査することなく、データ取得の簡便性の観点から、高周波数テンソル式CSMT法システムを採用したことにある。すなわち、CSMT法やMT法を用いて地質構造調査を行う場合、特に直流で運行されている鉄道沿線や市街地近郊においては、事前に調査対象地域のノイズの状況を詳細に把握しておき、そのノイズに対処可能な探査システムの選定や、測定仕様の決定を行うことが極めて重要である。
Tono Geoscience Center conducted CSMT and MT surveys in the region of the Toki granite from 1997 to 1999, as a part of the Regional Hydrogeological Study. After these surveys were performed, applicability of MT method to prospecting of the deeper part of the granite was evaluated. As a result, several problems of CSMT and MT surveys were pointed out. Accordingly, we checked the quality of data obtained through the surveys and found out that the interpretation results of the underground resistivity distribution are deficient in reliability because almost all data contain large artificial electromagnetic noise. Major reason behind its poor results is adoption of the high-frequency tensor CSMT system. Because of its ease of data acquisition, it was adopted without investigation of electromagnetic noises around the survey area. This fact indicated that we must investigate details of the noise around survey area in advance and select optimum equipment and survey specifications, which can distinguish a signal from data containing such large noise.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2014-004
ページ数 : 177 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20140004
抄録集掲載番号 : 42000679
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This