クリーンバーン高温ガス炉の研究開発; システム概念と今後の展望; シリーズ発表資料集; 日本原子力学会2013年秋の大会
Proceedings of the series presentations on research and development of clean burn HTGR; System concept and future prospects; 2013 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan
深谷 裕司
Fukaya, Yuji
2013年9月3日(火)$$sim$$5日(木)に開催された日本原子力学会2013年秋の大会においてクリーンバーン高温ガス炉のシリーズ発表が行われた。クリーンバーン高温ガス炉システムはプルサーマルによるプルトニウム燃焼よりも安全で高い核拡散抵抗性および高い燃焼効率を持つ高温ガス炉を用いたプルトニウム専焼システムであり、本シリーズ発表はその概念の提示及び今後の研究開発の展望を示すものであった。本報告書は本シリーズ発表の概要及び使用された発表資料を収録したものである。本報告書により本研究の現時点での検討状況、課題等が確認できた。
The series presentations on Clean Burn HTGR were performed in the 2013 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan. The Clean Burn HTGR has been proposed and investigated as plutonium burner system which has high proliferation resistance and high plutonium incineration efficiency by comparing with MOX-LWR. The presentations showed the system concept and future prospects of the Clean Burn HTGR. This report includes materials of the presentations. By this report, the subject of the present study becomes obvious.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-010
ページ数 : 33 Pages
発行年月 : 2014/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140010
抄録集掲載番号 : 42000601
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This