Evaluation of burnup reactivity coefficients measured in experimental fast reactor JOYO MK-I duty power operation cycles
高速実験炉「常陽」MK-Iの定格運転出力時に測定された燃焼反応度係数の評価
横山 賢治; 石川 眞
Yokoyama, Kenji; Ishikawa, Makoto
燃焼反応度係数の炉物理ベンチマーク問題を提供するために、1970年代の高速実験炉「常陽」MK-Iの定格出力運転中に取得された過剰反応度と積算熱出力の関係に関する実験データを評価・解析した。MK-Iの定格出力運転後に得られた知見や最新の炉物理解析手法による解析を活用することで、考えられ得るすべての不確かさの要因を評価・定量化した。一方で、この評価データは広く利用されることを期待して、国際炉物理ベンチマーク実験プロジェクト(IRPhEP)に登録された。この論文では、燃焼反応度係数のノミナル値及び主要な誤差要因である測定技術の不確かさに焦点を絞って説明する。
In order to provide a reactor physics benchmark problem of burnup reactivity coefficients, experimental data of relationship between excess reactivity and accumulated thermal power acquired during experimental fast reactor JOYO MK-I duty power operation in the late 1970s have been evaluated and analyzed. All possible uncertainty factors were evaluated and quantified by utilizing knowledge obtained after the MK-I duty power operation and calculation results based on the latest reactor physics analysis methods. Meanwhile, the present evaluated data have been registered to the International Reactor Physics Benchmark Experiments Project (IRPhEP), with the expectation that this data will be widely used. In the present paper, the evaluation of nominal values and uncertainties is described with a focus on the measurement technique uncertainty which is a dominant uncertainty factor of the burnup reactivity coefficient.
使用言語 : English
掲載資料名 : Nuclear Science and Engineering
: 178
: 3
ページ数 : p.350 - 362
発行年月 : 2014/11
出版社名 : American Nuclear Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20130858
抄録集掲載番号 : 42001442
論文投稿番号 : 15068
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This