幌延深地層研究センターゆめ地創館を活用したリスク・コミュニケーションについて
Risk communication activity which used "YUME Chisoukan" in the Horonobe Underground Research Center
阿部 真也; 片田 偉奈雄; 星野 雅人; 徳永 博昭*; 堀越 秀彦*
Abe, Shinya; Katada, Inao; Hoshino, Masato; Tokunaga, Hiroaki*; Horikoshi, Hidehiko*
幌延深地層研究センターは、地層処分技術の信頼性向上、法定深度に対する技術的な安全裕度の提示、深部地質環境に関する理解および地層処分技術に関する国民との相互理解促進を目的とした研究を行っている。現在の「ゆめ地創館」は、民主党政権当時の行政改革の一環として、平成24年8月末で展示施設としての運営を停止し、三者協定に基づく地元との約束(放射性物質を持ち込まないなど)の遵守を確認してもらうため、地下の研究坑道を公開するための機能(ITVカメラモニタによる施設の公開・工事の掘削状況公開、施設入坑の際の事前説明、更衣の場等)に集約しつつ、同センターでの研究成果などの情報を分かりやすく提供する内容に特化し、事業説明の場等として利用している。今回、平成25年4月から10月までに回収したアンケート(2566件)について統計分析した結果について報告する。
The Horonobe Underground Research Center conducts research and development to enhance the reliability of geological disposal technology, indicate the margin of technical safety for legally decided depth of repository, improve understanding of the deep geological environment, and promote greater public understanding for geological disposal technology. "YUME chisoukan" ceased its role as an exhibition facility as of end August 2012 as part of an administrative reform under the then Democratic Party rule, and came to be focused on disclosing the underground drifts to ascertain that JAEA is true to its tripartite agreement signed between the Hokkaido Prefecture, Town of Horonobe and JAEA (i.e., no nuclear materials will be used, etc.). It is also used as the facility to provide information on the research results of the Center. This report presents the statistical results of a questionnaire (2,566 responses) conducted from April to October 2013.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-034
ページ数 : 81 Pages
発行年月 : 2014/11
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140034
抄録集掲載番号 : 42001395
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This