沿岸域プロジェクト; 関係機関における議論の内容と得られた成果の概要
Project of coastal site characterization; Summary of discussions among the relevant partners and the dominant results of R&D in the project
笹本 広
Sasamoto, Hiroshi
本報告では、平成19年度から平成24年度までの6年間にわたり実施された沿岸域プロジェクトについて、プロジェクトに関係した各機関による連携・協力の枠組みや各機関が参加する全体会議で議論された内容等を中心に整理した。また、沿岸域プロジェクトにおける議論も踏まえ、各関係機関により実施された調査・評価により得られた成果の例や、得られた成果の体系化に向けた取り組みの例について、その概要をまとめた。沿岸域プロジェクトにより、幌延の沿岸域における調査・評価を通じて得られた成果は、高レベル放射性廃棄物の地層処分研究開発において、沿岸域を対象とした調査・評価技術の体系化や沿岸域における研究開発要素の研究成果の統合に係る一例として整備された。
A project of coastal site characterization was performed with the project partners for 6 years from the fiscal year 2007 to 2012. This report summarized a frame-work for cooperation among the project partners and the summary of discussions through the project meetings. Additionally, the followings were also presented in this report considering the discussions in the project; examples of products obtained through development of investigation and evaluation techniques for coastal site characterization and the current status for integration of R&D products. A challenge performed through the project of coastal site characterization at Horonobe area could be a representative example for development of methodology to summarize the existing investigation and evaluation techniques, and to integrate the various products obtained in the coastal site investigations, from the view point of R&D for the management of high-level radioactive waste in Japan.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-015
ページ数 : 35 Pages
発行年月 : 2014/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 原子力環境整備・資金管理センター産業技術総合研究所電力中央研究所
 
登録番号 : RV20140015
抄録集掲載番号 : 42000695
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This