ウラン廃棄物を対象とした非破壊測定装置の運用実績; 続報
Further study of measurement of performance of the NDA using Q2 system for uranium waste drum
長沼 政喜; 小原 義之; 宮本 泰徳*; 村下 達也*; 牧田 彰典*; 野廣 哲也*
Naganuma, Masaki; Ohara, Yoshiyuki; Miyamoto, Yasunori*; Murashita, Tatsuya*; Makita, Akinori*; Nohiro, Tetsuya*
日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターでは、平成14年まで、ウラン鉱石からウランを抽出し製錬・転換・濃縮して原子炉の燃料とするための研究開発、および使用済み燃料を再処理して回収したウランを転換・再濃縮する技術開発を行ってきた。この間に発生した放射性廃棄物は、ドラム缶に密封した状態で廃棄物貯蔵庫に保管しているが、平成12年までに発生した廃棄物に関する廃棄物管理情報に統一性がなかった。平成10年頃、主要核物質取扱施設の核物質不明量が保障措置上の課題として国際原子力機関に指摘された。このため、平成12年にQ2低レベル廃棄物ドラム缶測定装置(Q2)を導入し、ウラン量測定を行ってきた。平成19年にQ2に用いている解析システムをOS2システムからwindowsシステムに変更した。変更によって性能は向上したが、OS2システムによって得られた定量値とwindowsシステムによって得られた定量値に差異が生じた。OS2システムで測定したドラム缶をwindowsシステムで再測定すべきか検討したが、現実的に困難と考えられた。今回OS2システムとwindowsシステムのデータを解析し、ウラン量の補正を行う計算方法を検討した。
In Japan atomic energy agency Ningyo-toge environmental engineering center, exploration for uranium and technical development of uranium refining, conversion and enrichment which are the front end of a nuclear fuel cycle have been performed since 1955. In 2002, we introduced Q2 low-level-waste drum measuring system which is a bulk measuring method of the passive $$gamma$$ ray. In 2007, OS2 analyzing operation system which was used in Q2, was replaced with windows system. This replacement improved the performance of the analysis of Q2. But quantified values of uranium obtained from win system did not correspond exactly to OS2 system. We considered whether the drum which was measured by OS2 system, was measured again by windows system. But it was difficult to measure these drum by win system. So in this study, we studied a calculation method for adjusting quantified values of uranium obtained by each system.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-012
ページ数 : 11 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20140012
抄録集掲載番号 : 42000848
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This