IAEA benchmark calculations on control rod withdrawal test performed during Phenix End-of-Life experiments; JAEA's calculation results
Phenix End of Life試験における制御棒引抜試験に対するベンチマーク解析;原子力機構解析結果
高野 和也; 毛利 哲也; 岸本 安史; 羽様 平
Takano, Kazuya; Mori, Tetsuya; Kishimoto, Yasufumi; Hazama, Taira
2009年に仏Phenix炉のEnd of Life試験において、定格出力時における制御棒の非対称引抜が径方向出力分布に与える影響を目的とする「制御棒引抜試験」が実施された。IAEAのTWG-FR(高速炉技術作業部会)において本試験に対するベンチマーク解析を実施するための共同研究プロジェクト(CRP)が立ち上げられ、CEA, ANL, IGCAR, IPPE, IRSN, JAEA, KIT, PSIから専門家が参加し本CRPを進めている。ここでは原子力機構(JAEA)によるベンチマーク解析結果について述べるとともに、JAEA解析手法が出力分布偏差に対して十分な精度を有していることを示す。また、中性子線及び$$gamma$$線輸送効果を考慮した発熱計算により、径方向ブランケット燃料領域における出力分布解析精度が向上することを示す。
This paper describes details of the IAEA/CRP benchmark calculation by JAEA on the control rod withdrawal test in the Phenix End-of-Life Experiments. The power distribution deviation by the control rod insertion/withdrawal, which is the major target of the benchmark, is well simulated by calculation. In addition to the CRP activities, neutron and photon transport effect is evaluated in the nuclear heating calculation of the benchmark analysis. It is confirmed that the neutron and photon transport effect contributes to the improvement of the absolute power calculation results in the breeder blanket region.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of International Conference on the Physics of Reactors; The Role of Reactor Physics toward a Sustainable Future (PHYSOR 2014) (CD-ROM)
:
:
ページ数 : 13 Pages
発行年月 : 2014/09
出版社名 :
発表会議名 : International Conference on the Physics of Reactors; The Role of Reactor Physics toward a Sustainable Future (PHYSOR 2014)
開催年月 : 2014/09
開催都市 : Kyoto
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : IRSNCEAIGCARKITIAEAPSIIPPEANL
 
登録番号 : BB20133070
抄録集掲載番号 : 42001496
論文投稿番号 : 15124
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This