Monte Carlo analysis of doppler reactivity coefficient for UO$$_2$$ pin cell geometry
UO$$_2$$体系におけるドップラー反応度係数のモンテカルロ解析
長家 康展
Nagaya, Yasunobu
放物線状の温度分布をもつUO$$_2$$ピンセル体系における厳密共鳴弾性散乱のドップラー反応度係数に対する影響を調べるためにモンテカルロ解析を行った。その結果、厳密共鳴弾性散乱は、平坦及び放物線状温度分布のドップラー反応度係数について同様の影響を与えることが分かった。すなわち、$$sim$$16eVから$$sim$$150eVのエネルギー領域の$$^{238}$$Uの共鳴吸収を増大させ、径方向には一様に共鳴吸収を増大させる。それゆえ、以下の結論が厳密及び漸近共鳴弾性散乱モデルのどちらにも当てはまる。Grandiらによって提案された実効燃料温度(等価の平坦温度)の定義はドップラー反応度係数をよく再現する。さらに、燃料領域全体にわたって体積平均した実効燃料温度を用いると、ドップラー反応度係数の参照解を負側に過大評価するが、等体積領域に数分割すると計算値は大きく改善される。
Monte Carlo analysis has been performed to investigate the impact of the exact resonance elastic scattering model on the Doppler reactivity coefficient for the UO$$_2$$ pin cell geometry with the parabolic temperature profile. As a result, the exact scattering model affects the coefficient similarly for both the flat and parabolic temperature profiles; it increases the contribution of uranium-238 ($$^{238}$$U) resonance capture in the energy region from $$sim$$16 eV to $$sim$$150 eV and does uniformly in the radial direction. Then the following conclusions hold for both the exact and asymptotic resonance scattering models. The Doppler reactivity coefficient is well reproduced with the definition of the effective fuel temperature (equivalent flat temperature) proposed by Grandi et al.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of International Conference on the Physics of Reactors; The Role of Reactor Physics toward a Sustainable Future (PHYSOR 2014) (CD-ROM)
:
:
ページ数 : 13 Pages
発行年月 : 2014/09
出版社名 :
発表会議名 : International Conference on the Physics of Reactors; The Role of Reactor Physics toward a Sustainable Future (PHYSOR 2014)
開催年月 : 2014/09
開催都市 : Kyoto
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20133265
抄録集掲載番号 : 42001495
論文投稿番号 : 15123
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This