ホット試験施設管理部における東北地方太平洋沖地震への対応記録,2; 施設の被災状況及び復旧対応
The Activity record against the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake in the Department of Hot Laboratories and Facilities, 2; Damage situations and restoration activities for facilities
福島技術開発試験部
Department of Fukushima Technology Development
原子力科学研究所ホット試験施設管理部では、核燃料や原子炉構造材等の安全及び基礎研究に関する研究活動を支援してきた。ホット試験施設管理部は、4つのホットラボ施設を含む11の研究施設の運転管理を担当し、これら施設ではウラン及びプルトニウムといった核燃料物質と種々の放射性同位元素が取り扱われている。本報告書は、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による、これら11施設の被害状況とその復旧状況をまとめたものである。施設の復旧について、平成24年度までに11施設のうち8施設の復旧が完了した。なお、本報告は、地震発生直後の状況とその応急措置等について記録した「ホット試験施設管理部における東北地方太平洋沖地震への対応記録 第一部:発生時の緊急対応(JAEA-Review 2011-048)」の第二部である。
The Department of Hot Laboratories and Facilities in the Nuclear Science Research Institute was supporting research activities on the safety and basic researches for nuclear fuels materials and reactor structural materials and so on. Our department was in charge of operation and management of 11 research facilities including 4 hot laboratories, in which nuclear fuel materials such as uranium and plutonium, and various radioactive isotopes were handled. This document describes the activity record of the detailed damage situations and their restorations of 11 facilities against the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake. About the restoration situation of facilities, restoration activities of 8 facilities out of 11 facilities were completed by March 31st, 2013. This document is a continuation of the Part I Emergency Activities at Onset (JAEA-Review 2011-048) witch was described just after the earthquake.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-017
ページ数 : 135 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140017
抄録集掲載番号 : 42000697
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This