平成24年度研究開発・評価報告書; 評価課題「高温ガス炉及び水素製造研究開発」(中間評価)
Assessment report research and development activities; Activity "Research and development on high-temperature gas-cooled reactor and hydrogen manufacturing technology" (Interim report)
原子力水素・熱利用研究センター
Nuclear Hydrogen and Heat Application Research Center
日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成20年10月31日内閣総理大臣決定)の下に、整備された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成21年2月17日文部科学大臣決定)及び原子力機構の「研究開発課題評価実施規定」(平成17年10月1日制定、平成21年8月19日改定)等に基づき、高温ガス炉及び水素製造研究開発に関する中間評価を高温ガス炉及び水素製造研究開発・評価委員会に諮問した。高温ガス炉及び水素製造研究開発・評価委員会は、高温ガス炉システムとこれによる水素製造技術の研究開発に関する第2期中期計画(平成22年4月から平成27年3月)に対して、平成22年4月から3年が経過した時点で、中間評価を実施した。その結果、平成20~24年度の活動に対する中間評価は、高温ガス炉及び水素製造に関してAと評価された。本中間評価は、原子力機構原子力水素・熱利用研究センターが提出した資料に基づき行われた。その後、本評価結果は、平成25年4月23日に、高温ガス炉及び水素製造研究開発中間評価報告書(以下「中間評価報告書」という)としてまとめられた。本報告書では、高温ガス炉及び水素製造研究開発・評価委員会の構成、審議概要、評価方法について記載し、同委員会により提出された「中間評価報告書」を5ページ以降に添付したものである。
Japan Atomic Energy Agency (hereinafter referred to as "JAEA") consults an assessment committee, "Evaluation Committee of Research Activities for High-Temperature Gas-Cooled Reactor and Hydrogen Manufacturing Technology" (hereinafter referred to as "Evaluation Committee") for interim assessment of "High-Temperature Gas Reactor and Hydrogen Manufacturing Technology" in accordance with "General Guideline for the Evaluation of Government Research and Development (R&D) Activities" by Cabinet Office, Government of Japan, "Guideline for Evaluation of R&D in Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology" and "Regulation on Conduct for Evaluation of R&D Activities" by JAEA. An interim assessment of R&D activities in accordance with the second midterm plan "R&D on High-Temperature Gas Reactor and Hydrogen Manufacturing Technology Incorporating Them" by JAEA during the period of three years from April 2010 was carried out by "Evaluation Committee of Research Activities for High-Temperature Gas-Cooled Reactor and Hydrogen Manufacturing Technology" (hereinafter referred to as "Evaluation Committee"). The assessment was carried out based on the explanatory documents submitted by Nuclear Hydrogen and Heat Application Center, JAEA. As a result, the interim assessment to R&D activities from FY2008 to FY2012 was estimated as A about a High-Temperature Gas-Cooled Reactor and Hydrogen Manufacturing Technology. An interim assessment report "R&D on High-Temperature Gas Reactor and Hydrogen Manufacturing Technology" was finalized by the Evaluation Committee.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Evaluation 2014-001
ページ数 : 41 Pages
発行年月 : 2014/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース : 高温ガス炉とこれによる水素製造技術の研究開発に関する評価結果
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : EV20140001
抄録集掲載番号 : 42000600
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This