平成25年度研究開発・評価報告書; 評価課題「高温ガス炉とこれによる水素製造技術の研究開発」
Assessment report of research and development activities; Activity "Research and development on high-temperature gas-cooled reactor and related hydrogen production technology"
立松 研二; 松本 裕之
Tatematsu, Kenji; Matsumoto, Hiroyuki
高温ガス炉とこれによる水素製造技術の研究開発の意義,内容等について、外部有識者からなる高温ガス炉及び水素製造研究開発・評価委員会において評価を受けた。その結果、熱利用産業・運輸部門における炭酸ガス排出量低減に貢献するため、原子力エネルギーによって熱需要に応えるという目標は重要であり、高温ガス炉とこれによる水素製造技術を我が国が持つことが必要である。そのための基盤技術の確立を目指し、高温工学試験研究炉(HTTR)等を用いた研究開発を行うべきである。等の評価結果が示された。本報告書は、高温ガス炉及び水素製造研究開発・評価委員会及び専門部会の構成、審議経過、評価方法について記載し、同委員会により提出された「高温ガス炉研究開発報告書」を7ページ以降に添付したものである。
Japan Atomic Energy Agency consulted with "Evaluation Committee of Research Activities for High-Temperature Gas-Cooled Reactor and Related Hydrogen Production Technology" (hereinafter referred to as "Evaluation Committee") which consists of specialists in the fields of the evaluation subjects of high-temperature gas-cooled reactor and related hydrogen production technology. The evaluation concludes that Japan needs to have the high-temperature gas-cooled reactor and hydrogen production technology because it is important that the nuclear energy be utilized to meet heat demand in order to contribute to the emission reduction of carbon dioxide in industry and transportation sectors. Therefore, the research and development should continue with the use of the High Temperature Engineering Test Reactor and the aim of establishing the basic technology. This report lists the members of the Evaluation Committee and the Expert Committee and outlines the method and procedure of the assessment. The result of the assessment by the Committees are attached from page 7.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Evaluation 2014-003
ページ数 : 131 Pages
発行年月 : 2014/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : EV20140003
抄録集掲載番号 : 42001045
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This