Penetration behavior of water solution containing radioactive species into dried concrete/mortar and epoxy resin materials
乾燥したコンクリート・モルタル及びエポキシ樹脂材に対する放射性核種を含んだ溶液の浸透挙動
佐藤 勇; 前田 宏治; 須藤 光雄; 逢坂 正彦; 臼杵 俊之; 小山 真一
Sato, Isamu; Maeda, Koji; Suto, Mitsuo; Osaka, Masahiko; Usuki, Toshiyuki; Koyama, Shinichi
乾燥したコンクリート、乾燥したモルタル及びエポキシ塗料中への$$^{137}$$Csのような放射性核種の浸透挙動を照射済燃料から抽出した核分裂生成物を含む溶液を用いて観察し、放射性核種の浸透速さや深さに関する基礎的な知見を得た。放射性核種は、エポキシ塗料へほとんど浸透しなかった。放射性核種溶液は、数十日でコンクリートやモルタル材料に数ミリメートルの深さで浸透した。コンクリートやモルタル材料の表面近くで観察される浸透挙動は、水溶液を膨潤したコンクリート、ベントナイトやセメント材料のような媒質における核種の拡散と酷似したものであった。
Penetration behavior of radionuclides such as $$^{137}$$Cs into dried concrete material, dried mortar material and epoxy paint for a few dozen days was observed using a solution containing fission products extracted from irradiated fuels to obtain fundamental information on the radionuclide penetration rate and depth. Hardly any radionuclides could penetrate into the epoxy paint. The radionuclide solution penetrated into concrete and mortar materials to a depth of a few millimeters for a few dozen days. The penetration behavior observed near the surface of concrete and mortar materials was similar to the diffusion of nuclides in media such as water-saturated concrete, bentonite and cement materials.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 52
: 4
ページ数 : p.580 - 587
発行年月 : 2015/04
出版社名 : Taylor & Francis
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20131003
抄録集掲載番号 : 43000922
論文投稿番号 : 16029
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This