Preliminary analysis of dipole tracer migration experiments in fractured sedimentary rock at Horonobe URL of Japan
幌延深地層研究所における亀裂性堆積岩中でのダイポールトレーサー試験の予備的解析
横田 秀晴; 田中 真悟
Yokota, Hideharu; Tanaka, Shingo
天然バリアとしての地質環境中の物質の移動メカニズムを把握するために、北海道北部の幌延町にある幌延深地層研究所の250m調査坑道において、稚内層の泥岩中の割れ目を対象に原位置ダイポールトレーサー試験を実施した。一次元の移流分散方程式から導かれる解析解により予備的な解析評価を行った結果、泥岩中の割れ目の表面はCs$$^{+}$$とSr$$^{2+}$$に対しては可逆的および不可逆的両方の収着特性を示すが、Co$$^{2+}$$とEu$$^{3+}$$に対しては不可逆的な収着特性のみを示すことが明らかとなった。今後は、室内試験結果との比較を行いながら、詳細解析を進め,堆積岩の持つ収着特性やその収着システムを明らかにしていく。
For understanding mass transport mechanism in the rock as natural barrier, ${it in-situ}$ dipole tracer migration experiments were implemented for a fracture in mudstone of Wakkanai Formation at the G.L.-250m gallery of the Horonobe URL, northern Hokkaido, Japan. Results of its preliminary analysis by the analytical solution retrieved from one-dimensional advection-dispersion equation indicate that a fracture surface in mudstone has both reversible and irreversible sorption characteristics for Cs$$^{+}$$ and Sr$$^{2+}$$ but only irreversible that for Co$$^{2+}$$ and Eu$$^{3+}$$.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of 19th Pacific Basin Nuclear Conference (PBNC 2014) (USB Flash Drive)
:
:
ページ数 : 10 Pages
発行年月 : 2014/08
出版社名 :
発表会議名 : 19th Pacific Basin Nuclear Conference (PBNC 2014)
開催年月 : 2014/08
開催都市 : Vancouver
開催国 : Canada
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20133561
抄録集掲載番号 : 42001479
論文投稿番号 : 15107
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This