東京電力福島第一原発事故後のリスクコミュニケーションの実践; 内部被ばく検査を受検した福島県民の意識
Risk communication practice after the Tokyo Electric Power Company's Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident; Awareness of Fukushima residents in internal dosimetry
古野 朗子; 高下 浩文; 徳永 博昭*; 堀越 秀彦*
Furuno, Akiko; Takashita, Hirofumi; Tokunaga, Hiroaki*; Horikoshi, Hidehiko*
日本原子力研究開発機構では、福島県の委託に基づき、福島県民を主対象とした内部被ばく検査を平成23年7月中旬から実施している。東海研究開発センターでWBC検査を受けた福島県民の数は、平成24年度末時点で約2万2千人である。東海センターのWBC検査では、検査当日に結果を紙面で手渡すだけでなく、家族単位で直接専門家と面談する機会を設けている。リスクコミュニケーション室は、放射線管理の専門家らと協力して個別ブースにて検査結果の説明に参画するとともに、受検者の意識調査も行っている。意識調査はWBC検査の前と後の2段階で実施しており、検査前の調査は受検者の不安や心配、不満などの把握を、検査後の調査は課題の抽出が目的である。本報告では、平成23年7月$$sim$$平成24年10月までの受検者の回答を分析した。WBC検査受検前のアンケートでは、妊娠出産、特に子や孫世代への遺伝的影響、結婚差別などに対する不安、国や自治体の対応、特に情報隠蔽に対する不満が切々と訴えられていた。それに対し、受検後のアンケートでは9割以上が「よく理解できた」、「不安は解消された」、「相談しやすかった」と回答した。専門家と直接面談できる方式の有効性も確認できた。
This paper describes an analysis of the opinion survey that is carried out at the internal dosimetry using whole body counters conducted in Japan Atomic Energy Agency. JAEA staffs explained the examination results of WBC to the residents in private booths and provide necessary advice for them. We carried out two opinion surveys at the internal dosimetry. The first survey was carried out before the screening in order to realize the residents' views of the accidents; the second survey was carried out after the personal dialogue in order to receive the evaluation from examinee for our correspondence. The first survey showed that residents' anxiety about radioactive exposure, hereditary influence on next generation, and so on. On the other hand, more than 90% residents answered in the second survey that "uneasiness reduced" as a result of the direct dialogue. Our private dialogue has also considerably effects.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-022
ページ数 : 37 Pages
発行年月 : 2014/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140022
抄録集掲載番号 : 42000964
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This