クリアランスレベル検認評価システムの開発,2; クリアランスデータ管理システムの構築
Development of the clearance level verification evaluation system, 2; Construction of the clearance data management system
窪田 晋太郎; 臼井 秀雄; 川越 浩
Kubota, Shintaro; Usui, Hideo; Kawagoshi, Hiroshi
クリアランスとは、当該物質を「放射性物質として扱う必要のないもの」として、放射線防護に係る規制の枠組みから外すことをいう。それを区分するレベルをクリアランスレベルと呼ぶ。我が国ではクリアランスレベルとクリアランスレベル検認の手順が法律・規則によって導入されており、国による確認を受けたクリアランス対象物は通常の廃棄物と同様の処理や再生利用が可能である。このような廃棄物の大部分は原子力施設の解体によって発生する。日本原子力研究開発機構ではクリアランスを支援するツールとしてクリアランスレベル検認評価システム(CLEVES)の開発を行っている。クリアランスに伴う測定・評価や記録の作製・保存を支援するためのツールとして、クリアランスデータ管理システム(CDMS)を開発、整備し、CLEVESの付属機能として追加した。また、原子力機構で実施したクリアランス作業のデータを登録し、CDMSによる評価結果が正しいことを確認した。今後も継続して機構のクリアランス作業にCDMSを適用することでクリアランス作業の軽減と効率化を図ることができると考えられる。
Clearance is defined as the removal of radioactive materials or radioactive objects within authorized practices from any further regulatory control by the regulatory body. In Japan, clearance level and a procedure for its verification has been introduced under the Laws and Regulations, and solid clearance wastes inspected by the national authority can be handled and recycled as normal wastes. The most prevalent type of wastes have generated from the dismantling of nuclear facilities, so the Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has been developing the Clearance Level Verification Evaluation System (CLEVES) as a convenient tool. The Clearance Data Management System (CDMS), which is a part of CLEVES, has developed to support measurement, evaluation, making and recording documents with clearance level verification. In addition, validation of the evaluation result of the CDMS was carried out by inputting the data of actual clearance activities in the JAEA.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-010
ページ数 : 84 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140010
抄録集掲載番号 : 42000853
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This