遠隔操作型金属顕微鏡補助遮へい体の設計
Design of auxiliary shield for remote controlled metallographic microscope
松井 寛樹; 岡本 久人
Matsui, Hiroki; Okamoto, Hisato
日本原子力研究開発機構の燃料試験施設では、実用燃料の高燃焼度化による燃料材料の微細組織変化が、燃料の事故時挙動に及ぼす影響を評価するため、鉛セル内の遠隔操作型金属顕微鏡をより高性能な後続機種に更新した。更新に伴い光学系用の貫通孔を鉛セルに新たに設ける必要が生じた。この貫通孔によって失われる遮へい能力を補うための補助遮へい体を設置するために、粒子・重イオン輸送総合コードシステムPHITSにて遮へい計算を実施し、安全基準を満たす補助遮へい体の形状及び設置位置を決定した。さらに、補助遮へい体の構造材及び固定ボルト等に関して、耐震評価を実施し、安全基準を満たすことを示した。
The remote controlled optical microscope installed in the lead cell at the Reactor Fuel Examination Facility in Japan Atomic Energy Agency has been upgraded to a higher performance unit to study the effect of the microstructural evolution in clad material on the high burn-up fuel behavior under the accident condition. The optical pass of the new microscope requires a new through hole in the shielding lead wall of the cell. To meet safety regulations, auxiliary lead shieldings were designed to cover the lost shielding function of the cell wall. Particle and Heavy Ion Transport Code System (PHITS) was used to calculate and determine the shape and setting positions of the shielding unit. Seismic assessments of the unit were also performed.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-015
ページ数 : 43 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20140015
抄録集掲載番号 : 42000685
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This