GoldSimによる余裕深度処分を対象とした土地利用シナリオ評価ツールの作成
Development of the assessment tools for land use scenarios concerning sub-surface disposal
酒谷 圭一; 菅谷 敏克; 中谷 隆良; 船橋 英之
Sakatani, Keiichi; Sugaya, Toshikatsu; Nakatani, Takayoshi; Funabashi, Hideyuki
余裕深度処分の安全評価においては、処分施設閉鎖後、数十万年に渡る超長期的な時間軸での被ばく線量を評価し、現在のみならず、将来の公衆に対する安全性を確認することが必要である。日本原子力研究開発機構では、保有する原子力施設等の運転及び解体に伴い発生する放射性廃棄物のうち、余裕深度処分対象廃棄物の安全な処分の実現を目指し、平成20年度より一次元移流分散方程式をベースとした核種移行解析が可能な汎用シミュレーションソフトウェア「GoldSim」を用いて被ばく線量評価ツールを作成するとともに、対象廃棄物を処分した場合の被ばく線量評価を進めてきた。また、評価ツールについては、旧原子力安全委員会の安全審査指針など、最新の評価の考え方を反映しながら、随時改良を加えてきた。本報告書は現在までに作成した評価ツールのうち、"土地利用シナリオ"を対象に作成した評価ツールについて、評価モデルの考え方及び評価ツールの構成を解説したものである。
The safety assessment of the sub-surface disposal system should ensure that calculated dose will be lower than the dose assigned to the scenario in question during the period from now to future. In order to realize the safety disposal, we have developed several assessment tools on the GoldSim platform and calculated doses since 2008, and these assessment tools have been improved reflecting the last view of assessment. This report describes idea of assessment models and structure of assessment tools for land use scenarios.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-008
ページ数 : 53 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140008
抄録集掲載番号 : 42000691
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This