パッシブ$$gamma$$線測定を用いた核物質測定における核分裂生成物の核物質への随伴性検討
Evaluation of accompanying behavior of fission products with nuclear materials for the establishment of nuclear material accountancy method using passive $$gamma$$-ray spectrometry
大洗研福島技術開発特別チーム
Fukushima Project Team, Oarai Research and Development Center
福島第一原子力発電所(1F)デブリ中の核物質測定技術の一つとして、核物質に随伴して$$gamma$$線を放出する核分裂生成物(FP)をモニター核種としたパッシブ$$gamma$$線測定技術の開発が開始された。TMI-2の分析結果より、モニター核種の候補として$$^{154}$$Eu及び$$^{144}$$Ceが選定されている。この開発の一環として、Ceの核物質への随伴性評価に資する基礎データを取得することを目的として、照射済燃料の溶融ジルカロイ(Zry)による液化・高温化学反応を模擬した高温反応試験及び化学平衡計算を行いCeの挙動について評価を行った。高温反応試験の結果、燃料と溶融Zryの反応部境界においてCeが高濃度化していることを確認した。化学平衡計算の結果、燃料の液化・高温化学反応の進行過程においてCeが一時的に濃化する領域が形成される現象が起こることが分かった。
The passive $$gamma$$-ray spectrometry of the fuel debris is under development as one of the candidate technologies for nuclear material accountancy in 1F Nuclear Power Plants. Based on the results of TMI accident, $$^{154}$$Eu and $$^{144}$$Ce were selected as the candidates of monitored $$gamma$$-ray emitters which were accompanied with nuclear material. The accompanying behavior of Ce with nuclear material under the severe accident was investigated by the high temperature heating test and the chemical equilibrium calculation. The high temperature heating test was carried out under the simulated condition of severe accident that the irradiated fuel was liquidized by the high temperature reaction with molten zircaloy. Ce was found to exist in high concentration at the boundary of reaction between fuel and molten zircaloy.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Testing 2014-002
ページ数 : 16 Pages
発行年月 : 2014/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TS20140002
抄録集掲載番号 : 42000693
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This