ウラン廃棄物に着目した諸外国の放射性廃棄物処分の情報整理
Survey on uranium bearing waste disposal facilities in foreign countries
齋藤 龍郎; 坂井 章浩; 佐藤 和彦; 八木 直人; 秦 はるひ; 麓 弘道*; 川越 浩; 長谷川 信
Saito, Tatsuo; Sakai, Akihiro; Sato, Kazuhiko; Yagi, Naoto; Hata, Haruhi; Fumoto, Hiromichi*; Kawagoshi, Hiroshi; Hasegawa, Makoto
日本原子力研究開発機構では、計画中の研究施設等廃棄物浅地中処分施設に、放射能濃度の低いウランを含む廃棄物も処分するための検討を進めている。IAEAやICRPの提案する考え方、調査対象国(米国,カナダ,英国,フランス,スウェーデン)で行われているウラン廃棄物に類似した長寿命放射性廃棄物の処分方策や法規制をまとめ、我が国の処分制度への適用性を整理した。ウランを含む廃棄物をウラン廃棄物と特定せずに、第二種廃棄物埋設で処分することを想定したときの課題を、埋設ウランからのラドン評価、ウラン子孫核種評価、地質の安定性等の観点から整理した。その結果、人間侵入シナリオの評価期間が長期の処分場と、短期の処分場に分けられた。各国の先行事例が多いことから、第二種廃棄物埋設における処分の実現性は最も高いと思われる。制度化にあたっては、この二通りの処分場の対応を踏まえて検討すべきと考える。
Japan Atomic Energy Agency surveyed the reference cases for the disposal of uranium bearing waste in low activity concentration as the contents of their own category 2 waste disposal facility for the Research and Development Activities. We reviewed the concepts mentioned in IAEA and ICRP documents, reference cases of uranium bearing waste disposal in selected countries (USA, Canada, UK, France and Sweden), and the disposal styles of long-lived radioactive waste were summarized, and the action items for application to the disposal system of our country was arranged. The disposal facilities in selected countries can be classified into 2 types with the length of performance assessment period for intruder scenario. They are long term assessment type and short term assessment type. It seems that the disposal system construction in category 2 waste disposal is the most realistic since there are many precedence examples of each country. Correspondence of 2 types of these disposal facilities is useful as a reference case.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-021
ページ数 : 30 Pages
発行年月 : 2014/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140021
抄録集掲載番号 : 42000856
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This