X線CT検査技術による燃料集合体に発生する欠陥(傷,混入異物等)の撮像データ集
X-ray CT basic data about inspection of irradiated fuel assembly
石見 明洋; 舘 義昭; 勝山 幸三; 三澤 進*
Ishimi, Akihiro; Tachi, Yoshiaki; Katsuyama, Kozo; Misawa, Susumu*
日本原子力研究開発機構の集合体試験課(FMS)では、X線CT検査技術を用いて高速実験炉「常陽」等で照射された燃料集合体内部の健全性について確認を行ってきた。本技術は非破壊で欠陥等を観察することが可能であることから、照射燃料集合体試験施設(FMF)において福島第一原子力発電所から取出された燃料集合体の健全性を確認するための手法としてX線CT検査技術の適用を検討している。本報告では、燃料集合体の健全性確認として燃料集合体内の異物検知や燃料ピンの腐食(酸化)検知と欠陥検知へのX線CT検査技術の適用性を確認する基礎データを取得するために実施した模擬試験体等の撮像結果について取りまとめた。
The Fuels Monitoring Section (FMS) of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has carried out examination of the fuel assemblies irradiated at Experimental Fast Reactor Joyo to verify about deformation and damage using X-ray computed tomography (CT) technique. This technique can observe deformation and internal information of the irradiated fuel assembly without dismantling and thus can apply to inspections of the irradiated fuel assembly in Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (1F). In order to obtain X-ray CT basic data for 1F fuel assembly inspection, the simulated specimens were made and the X-ray CT examinations were performed in the Fuels Monitoring Facility (FMF). This paper compiled the data about the X-ray CT examination of the simulated specimens.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-012
ページ数 : 72 Pages
発行年月 : 2014/08
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 使用済燃料集合体の欠陥を検知する(高解像度X線CTによる使用済燃料集合体の欠陥検知技術開発)[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140012
抄録集掲載番号 : 42000962
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This