ふげん発電所の機器撤去に係る人工数評価式,3; 復水器等の撤去の解体工程
Evaluation formulas of manpower needs for dismantling of equipment in FUGEN, 3; Dismantling process of the condenser removal
窪田 晋太郎; 出雲 沙理; 臼井 秀雄; 川越 浩; 香田 有哉; 南光 隆
Kubota, Shintaro; Izumo, Sari; Usui, Hideo; Kawagoshi, Hiroshi; Koda, Yuya; Nanko, Takashi
原子力機構では原子力施設の物量データ等に基づき、廃止措置計画の策定に必要なデータを評価するPRODIAコードを開発しており、評価に用いる評価式の整備を進めている。平成22年度から平成24年度に「ふげん」で実施された復水器等の解体作業に要した人工数を分析し、解体工程の作業項目について既存評価式との比較を行った。その結果、保温材の撤去、給水加熱器の撤去については、既存評価式がより規模の大きい原子炉施設にも適用できることを確認し、信頼性の高い単位作業係数が得られた。また、配管・サポートの撤去については、クリアランスのための作業に要する人工数の評価式を作製したことにより、クリアランスを伴う作業が発生しても柔軟に人工数を評価することができるようになった。復水器の撤去については、これまでデータの統計数が不足していたが、「ふげん」の複数の実績データを加えることにより統計的に意味のあるデータから単位作業係数が導出された。また、実績データに正の相関があることを確認し、人工数を一次式の評価式で評価できることが分かった。それぞれの評価式について、今後得られる実績データを追加することで単位作業係数の信頼性の向上が期待できる。
Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has been developing the PRODIA code which supports to make decommissioning plan and has been preparing evaluation functions. Manpower needs for the dismantling the condenser that had conducted from 2010 to 2012 was analyzed and compared with existing evaluation functions. Applicability of evaluation function for a large scale reactor facility was confirmed in dismantling of the heat insulating materials and feed water heaters and reliability of unit productivity factor was improved. Evaluation function of work for clearance was made in dismantling of pipes and supports. Statistically meaningful data was provided from the dismantling of the condenser. Manpower needs for dismantling of a condenser has positive correlation to the weight of equipment and can be described in linear expression. Reliability of each unit productivity factor will be improved with accumulating actual dismantling data in future.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-022
ページ数 : 22 Pages
発行年月 : 2014/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20140022
抄録集掲載番号 : 42000851
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This