軽水炉照射環境下におけるIASCC研究のための水環境調整設備の整備,2
Installation of the water environment irradiation facility for the IASCC research under the BWR/PWR irradiation environment, 2
馬籠 博克; 岡田 祐次; 塙 博; 作田 善幸; 菅野 勝; 飯田 一広; 安藤 均; 米川 昭久; 上田 晴康; 柴田 光敦
Magome, Hirokatsu; Okada, Yuji; Hanawa, Hiroshi; Sakuta, Yoshiyuki; Kanno, Masaru; Iida, Kazuhiro; Ando, Hitoshi; Yonekawa, Akihisa; Ueda, Haruyasu; Shibata, Mitsunobu
日本原子力研究開発機構では、軽水炉利用の高度化及び高経年化に対応するため、軽水炉燃料及び材料の照射試験を実施する準備を進めている。JMTRは第165運転サイクル後の2006年8月に停止し、再稼働に向けて照射施設の整備を進めており、燃料・材料の中性子照射試験を行うための燃料異常過渡試験装置及び材料照射試験装置を2008年度から2012年度の間に製作、設置した。本報告書は、先に報告したJAEA-Technology 2013-019「軽水炉照射環境下におけるIASCC研究のための水環境調整設備の整備(1)」(2008年度から2010年度までの整備報告)の続報で、2011年度から2012年度までに実施したIASCC(照射誘起応力腐食割れ: Irradiation Assisted Stress Corrosion Cracking)研究のための材料照射試験装置の水環境調整設備等の整備についてまとめたものである。
In Japan Atomic Energy Agency, in order to solve the problem in the long-term operation of a light water reactor, preparation which does the irradiation experiment of light-water reactor fuel and material was advanced. JMTR stopped after the 165th operation cycle in August 2006, and is advancing renewal of the irradiation facility towards re-operation. The material irradiation test facility was installed from 2008 fiscal year to 2012 fiscal year in JMTR. This report summarizes manufacture and installation of the material irradiation test facility for IASCC research carried out from 2012 to 2014 in the follow-up report reported before (JAEA-Technology 2013-019).
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-023
ページ数 : 267 Pages
発行年月 : 2014/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20140023
抄録集掲載番号 : 42000852
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This