Spin-flop phenomenon of two-dimensional frustrated antiferromagnets without anisotropy in spin space
スピン空間異方性を持たない二次元フラストレート反強磁性体の磁化過程におけるスピンフロップ現象
中野 博生*; 坂井 徹; 長谷川 泰正*
Nakano, Hiroki*; Sakai, Toru; Hasegawa, Yasumasa*
スピン空間に異方性を持たない$$S$$=1/2スクエア・カゴメ格子反強磁性体においてスピンフロップ現象が発見されたことに触発されて、我々は二つの異なる頂点共有三角形からなる別の格子における$$S$$=1/2反強磁性体の磁化過程を数値対角化法によって研究した。二つの格子とは、4枚歯の手裏剣のような形をした格子と、ひずんだカゴメ格子である。その結果、両方の格子で、飽和磁化の3分の1における磁化プラトーの高磁場側の端にスピンフロップ現象を伴う磁化ジャンプが起きることが判明した。
Motivated by a recent finding of a spin-flop phenomenon in a system without anisotropy in spin space reported in the $$S$$ = 1/2 Heisenberg antiferromagnet on the square-kagome lattice, we study the $$S$$ = 1/2 Heisenberg antiferromagnets on two other lattice composed of vertex-sharing triangles using the numerical diagonalization method. One is a novel lattice including a ${it shuriken}$ shape with four teeth; the other is a distorted kagome lattice, which includes a ${it shuriken}$ shape with six teeth. We find in the magnetization processes of these systems that a magnetization jump accompanied by a spin-flop phenomenon occurs at the higher-field-side edge of the magnetization plateau at one-third the height of saturation.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of the Physical Society of Japan
: 83
: 8
ページ数 : p.084709_1 - 084709_7
発行年月 : 2014/08
出版社名 : 日本物理学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140030
抄録集掲載番号 : 42001101
論文投稿番号 : 14745
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This