試験研究炉における一次冷却水中へのトリチウム放出源に関する検討; JMTR, JRR-3M及びJRR-4運転データから評価したトリチウム放出率
Study of origin on tritium release into primary coolant for research and testing reactors; Tritium release rate evaluated from JMTR, JRR-3M and JRR-4 operation data
石塚 悦男; 本橋 純; 塙 善雄; 米田 政夫; 綿引 俊介; Mukanova, A.*; Kenzhina, I.*; Chikhray, Y.*
Ishitsuka, Etsuo; Motohashi, Jun; Hanawa, Yoshio; Komeda, Masao; Watahiki, Shunsuke; Mukanova, A.*; Kenzhina, I.*; Chikhray, Y.*
JMTRやJRR-3では、原子炉の運転に伴って一次冷却水中のトリチウム濃度が高くなることが明らかになっている。本報告書では、これらのトリチウム放出源を明らかにするため、JMTR, JRR-3M及びJRR-4の各運転サイクルにおけるトリチウム放出率を実測値から評価した。この結果、炉心構成材にベリリウムを使用していないJRR-4のトリチウム放出率は8Bq/Wd以下であり、運転に伴うトリチウム濃度の上昇は認められなかった。これに対して、炉心構成材にベリリウムを使用しているJMTR及びJRR-3Mでは、トリチウム放出率がそれぞれ約60$$sim$$140及び約10$$sim$$95Bq/Wdで運転に伴ってトリチウム濃度が上昇すること、ベリリウム製炉心構成材を新規製作品と交換するとトリチウム放出率が一時的に低下し、その後、運転サイクルとともに増加する傾向が見られた。
It has been shown that tritium concentration in the primary coolant of the JMTR and JRR-3M increases during its operation. In this report, to clarify the tritium sources, the tritium release rate into the primary coolant in each operation cycle for the JMTR, JRR-3M and JRR-4 was evaluated. As a result, the tritium release rate is $$<$$ 8 Bq/Wd in the JRR-4, which has not the beryllium core components installed, and no increase in the tritium concentration during reactor operation is observed. In contrast, the tritium release rate is about 10$$sim$$95 and 60$$sim$$140 Bq/Wd in the JRR-3M and JMTR respectively, which cores contain beryllium components, and where the tritium content increases while reactor operates. It is also observed that the amount of released tritium is lower in the case of new beryllium components installation, and increases with the reactor operating cycle.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-025
ページ数 : 77 Pages
発行年月 : 2014/08
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : Al-Farabi Kazakh National University
 
登録番号 : TN20140025
抄録集掲載番号 : 42000960
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This