Quaternary geochronology using accelerator mass spectrometry (AMS); Current status of the AMS system at the Tono Geoscience Center
加速器質量分析AMSを用いた第四紀地質年代学; 東濃地科学センターにおけるAMS装置の現状
松原 章浩; 國分 陽子; 西澤 章光*; 三宅 正恭*; 石丸 恒存; 梅田 浩司
Matsubara, Akihiro; Kokubu, Yoko; Nishizawa, Akimitsu*; Miyake, Masayasu*; Ishimaru, Tsuneari; Umeda, Koji
第四紀地質年代学は加速器質量分析AMSによって大きく前進している。それに用いられる代表的な核種として$$^{10}$$Be, $$^{14}$$C, $$^{26}$$Al, $$^{36}$$Clがよく知られる。当施設では、それらの核種のAMS測定に向け技術開発を進めている。ここでは当施設の複数核種のAMS測定に向けた取り組みと現状について述べる。
Our ongoing efforts have been dedicated to development of a multi-nuclide AMS system for measurement of the rare radionuclides $$^{10}$$Be, $$^{14}$$C, $$^{26}$$Al, and $$^{36}$$Cl. In this article, the current status of the AMS system at the TONO-AMS-JAEA and our activities leading to development of a multi-nuclide AMS are presented.
使用言語 : English
掲載資料名 : Geochronology; Methods and Case Studies
:
:
ページ数 : p.3 - 30
発行年月 : 2014/07
出版社名 : InTech
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140060
抄録集掲載番号 : 42001338
論文投稿番号 : 14978
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This