Covariance of neutron cross sections for $$^{16}$$O through R-matrix analysis
R行列解析に基づく$$^{16}$$Oの中性子核反応断面積共分散
国枝 賢; 河野 俊彦*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; 柴田 恵一; 深堀 智生
Kunieda, Satoshi; Kawano, Toshihiko*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; Shibata, Keiichi; Fukahori, Tokio
R行列理論で計算される散乱行列はユニタリであるため、核構造パラメータや断面積の振る舞いに強い物理拘束を与える。本研究では、中性子共鳴領域における$$^{16}$$O断面積を評価することを目的として、複合核$$^{17}$$Oに対するR行列理論解析を行った。また、決定論的手法を用いて断面積や角度微分断面積に対する共分散を推定した。既存の評価済データでは一部の測定データのみから推定された大雑把な誤差が与えられている一方、本解析により推定された断面積および共分散は測定データのみならずR行列理論における物理拘束をよく反映した特徴的な値となっている。したがって、測定および理論双方に矛盾の無い現実的な結果を与えていると考えられる。
The collision matrix in the R-matrix theory is unitary, hence theory brings strong constraints to behavior of the parameters. An unitarity-imposed R-matrix analysis is carried out for $$^{17}$$O system to evaluate $$^{16}$$O neutron cross-sections in the resolved resonance range. Covariance matrices are also estimated both for the cross-sections and angular distributions with a deterministic method. Present results mirror the nature in the theory as well as experimental information.
使用言語 : English
掲載資料名 : Nuclear Data Sheets
: 123
:
ページ数 : p.159 - 164
発行年月 : 2015/01
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : International Workshop on Nuclear Data Covariance (CW 2014)
開催年月 : 2014/04
開催都市 : Santa Fe
開催国 : U. S. A.
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 共鳴領域における核反応断面積の真値を追求する; 核データ測定と理論のシナジー[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20140168
抄録集掲載番号 : 44000208
論文投稿番号 : 16897
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:43.67
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This