福島第一原子力発電所内の土壌への放射性核種の移行
Transfer of radionuclides to soil at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
駒 義和
Koma, Yoshikazu
東京電力福島第一原子力発電所の事故において放射性核種が環境に放出された。東京電力は原子炉周辺の土壌を採取し、分析した結果を公表している。この分析値と原子炉内に存在した燃料の組成を用いて、$$^{137}$$Csを基準とした輸送比を計算した。
Due to the accident of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, Tokyo Electric Power Company, Incorporated (TEPCO), radionuclides were released to the environment. TEPCO sampled soil around the reactors and analyzed. Transport ratios normalized to $$^{137}$$Cs were calculated using the measurement of soil and calculated fuel composition in the reactors.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-015
ページ数 : 23 Pages
発行年月 : 2014/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 廃棄物が含む放射能量を正確に推定する; 分析が難しい試料や核種を対象として評価する方法[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140015
抄録集掲載番号 : 42001256
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This