Relaxation behavior of laser-peening residual stress under tensile loading investigated by X-ray and neutron diffraction
引張負荷におけるレーザーピーニング残留応力の緩和挙動のX線および中性子回折による研究
秋田 貢一; 林 健吾*; 竹田 和也*; 佐野 雄二*; 鈴木 裕士; 盛合 敦; 大谷 眞一*
Akita, Koichi; Hayashi, Kengo*; Takeda, Kazuya*; Sano, Yuji*; Suzuki, Hiroshi; Moriai, Atsushi; Oya, Shinichi*
ピーニング技術による圧縮残留応力の導入は、疲労や応力腐食割れ等の鋼の強度特性の改善に有効である。ただし、圧縮残留応力は稼働時に機器に作用する熱的あるいは機械的な外力が原因で低下する可能性がある。本研究では、レーザーピーニングを施したフェライト鋼の静的引張荷重下における表面及び内部の残留応力挙動を、X線および中性子回折によって検討した。X線回折および中性子回折の相補利用により、応力緩和プロセスを明確に示す実験的確証が得られた。また、引張負荷応力下における臨界負荷応力の値は、内部の最大引張残留応力値とvon Misesの降伏条件によって推定できることを示した。
Compressive residual stresses induced by peening techniques improve the strength properties of steels, such as fatigue and stress corrosion cracking. However, the compressive residual stress might be reduced owing to thermal and mechanical loading in-service. In this study, the behavior of surface and internal residual stresses of a laser-peened ferritic steel under quasi-static tensile loading was investigated by X-ray and neutron diffraction. The complementary use of these diffraction techniques provided decisive experimental evidence for elucidating the relaxation process. The critical applied stress of peened samples subjected to a tensile loading can be estimated from the von Misses yield criterion with the maximum tensile residual stress inside the sample.
使用言語 : English
掲載資料名 : Mechanical Engineering Journal (Internet)
: 1
: 4
ページ数 : p.SMM0029_1 - SMM0029_8
発行年月 : 2014/08
出版社名 : 日本機械学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: X線及び中性子で構造材料の残留応力を観る; 表面から内部までの残留応力を評価し、機械・構造物の強度信頼性向上に資する[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140050
抄録集掲載番号 : 42001114
論文投稿番号 : 14758
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This