原子力平和利用の国際的な協力における核不拡散の確保と主要国の核不拡散政策に関する分析
Analysis on nuclear non-proliferation prerequisite in international cooperation for peaceful nuclear use and nuclear policy backgrounds of major nuclear supplier states
玉井 広史; 山村 司; 寺岡 伸章
Tamai, Hiroshi; Yamamura, Tsukasa; Teraoka, Nobuaki
原子力平和利用と核不拡散の確保を国際的な協力のもとで推進する上で、二国間原子力協力協定は重要な役割を果たしてきたが、新興国の原子力発電の導入が進む中でその重要性は一層増している。本研究は、公開情報に基づき原子力資機材の主要供給国が締結している二国間原子力協力協定について、保障措置の適用や濃縮・再処理に関する資機材・技術等に関する規制など核不拡散を担保するために規定されている核不拡散要件を抽出し、比較分析を行ったものである。その結果、いずれの協定においても、供給した原子力資機材を平和目的で適正に管理するための最低限の施策が規定され核不拡散体制を担保する一定の役割を果たしている一方で、濃縮・再処理の実施、プルトニウム・濃縮ウランの貯蔵、機微技術の移転、協定に違反した場合の制裁規定等に関して、供給国毎に相違が存在することも判明した。このような協定中の核不拡散要件の差異に拘らず国際的な核不拡散体制の強化を進めていくためには、NSGガイドラインのような取極めを遵守することに加え、供給国と受領国双方にインセンティブをもたらすような核不拡散上の共通理解を醸成することが有効であると考えられる。
In recent circumstance of increasing new comer countries having nuclear power plants, the importance of bilateral nuclear cooperation agreement becomes much higher to ensure the non-proliferation regime in promoting the nuclear cooperation. This paper describes the analysis of nuclear non-proliferation prerequisite, such as safeguards application, transfer restriction of nuclear materials, equipment, and sensitive technology, provided in the cooperation agreements. It is found that every agreement contains the prerequisite to maintain the non-proliferation regime to a level, whereas that there exists some difference between suppliers countries in the regulation on implementing enrichment and reprocessing, storage of plutonium and enriched uranium, and transfer of sensitive technologies. In order to promote the reinforcement of international non-proliferation framework, it will be effective to build up the incentive and common understanding on necessity of non-proliferation.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-029
ページ数 : 79 Pages
発行年月 : 2014/08
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140029
抄録集掲載番号 : 42001048
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This