地質環境の長期安定性に関する研究,年度計画書; 平成26年度
Research plan on geosphere stability for long-term isolation of radioactive waste; Scientific programme for fiscal year 2014
安江 健一; 浅森 浩一; 丹羽 正和; 國分 陽子; 小堀 和雄; 幕内 歩; 松原 章浩; 柴田 健二; 田村 肇; 田辺 裕明; 島田 顕臣; 梅田 浩司
Yasue, Kenichi; Asamori, Koichi; Niwa, Masakazu; Kokubu, Yoko; Kobori, Kazuo; Makuuchi, Ayumu; Matsubara, Akihiro; Shibata, Kenji; Tamura, Hajimu; Tanabe, Hiroaki; Shimada, Akiomi; Umeda, Koji
本計画書は、高レベル放射性廃棄物の地層処分における地質環境の長期安定性に関する研究についての第2期中期計画期間(平成22年度-平成26年度)における平成26年度の研究開発計画である。本計画の策定にあたっては、「地質環境の長期安定性に関する研究」基本計画-第2期中期計画に基づき、第1期中期計画期間(平成17年度-平成21年度)における研究開発の成果、平成22年度から平成25年度の研究開発の成果、関係研究機関の動向や大学等で行われている最新の研究成果、実施主体や規制機関のニーズ等を考慮した。研究の実施にあたっては、最終処分事業の概要調査や安全審査基本指針等の検討・策定に研究成果を適時反映できるよう、(1)調査技術の開発・体系化、(2)長期予測・影響評価モデルの開発、(3)年代測定技術の開発の三つの枠組みで研究開発を推進していく。
The concept of geological disposal of HLW in Japan is based on a multi-barrier system which combines a stable geological environment with a robust barrier system. Potential geological host formations and their surroundings are chosen, in particular, for their long-term stability, taking into account the fact that Japan is located in a tectonically active zone. This report is a plan of research and development (R&D) on geosphere stability for long-term isolation of HLW in JAEA, in fiscal year 2014. The objectives and contents in fiscal year 2014 are described in detail based on the outline of 5 years plan (fiscal years 2010-2014). In addition, the planned framework is structured into the following categories: (1) Development and systematization of investigation techniques, (2) Development of models for long-term estimation and effective assessment, (3) Development of dating techniques.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-033
ページ数 : 43 Pages
発行年月 : 2014/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140033
抄録集掲載番号 : 42001259
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This